男性と女性の求人案内について 求人の情報を確実にゲット

男性と女性の求人案内について 求人の情報を確実にゲット

 

求人案内について 紹介していきます。

 

 

男性と女性の求人案内について

男性と女性の求人案内についてについてです。もしも仕事を探している男性がいたら、様々な場面で求人情報に目を配っています。中には男性か女性かのどちらを募集しているのかよく分らないというケースもよくあります。

 

実は男女機会均等法がある関係上、求人を募集する際には、女性だけ募集するとか男性だけ募集するという表現はできないことになっています。社風の説明欄などに、多くの男性社員がいます、多くの女性社員がいますといったアピール文がある場合、実はどちらの性別に対する求人なのか匂わせていることもあります。一般的な求人の場合、条件さえ満たせば、性別を問わず、だれもが応募することができます。

 

男性が活躍中と言った書き方をするということは、本音では男性でないと困る事情があったりします。男性に対しての求人であることを、企業側が主張しているともいえるでしょう。

 

女性が応募をして面接をうける事ができたとしても、結果として、不採用となることがほとんどでしょう。不採用になった理由を会社は説明する必要がありません。男性か女性、どちらかを想定して出された求人かは、雰囲気で察するしかないようです。暗に採用したい性別が限定されるようなイメージの求人に関しては、たとえ応募しても、書類段階で不採用になる事が多いのです。

 

 

男性向けの求人情報

 

男性向けの求人情報についてです。男性用求人、女性用求人という求人の出し方は、ハローワークなどでは存在していません。採用する側として男性を募集したいとか女性だけを採用したいというケースも多々あります。

 

例えば肉体労働がメインになるような仕事の場合には、企業側はできるだけ若い男性を採用したいと望んでいることが多いものです。女性が応募してきたら、企業は求めている人材と違うという形で不採用にしてしまいます。同じようにウエイトレスのような仕事の求人の場合、年配の男性が応募しても、よほど特別な特性が無い限り採用は難しいと言うのが実際のところ。若い人であれば、何が何でもこの仕事をしたいという熱意が伝われば、採用される可能性も多少はあるかもしれません。営業職、管理職などは男性がつくことが今でも一般的です。

 

また、夜勤がメインになる仕事や、建設現場の仕事も男性の働き手が求められがちです。最近は大型トラックを運転する女性もずいぶんと見かけるようになりました。とはいえ長距離トラックの運転手なども、やはり男性が多い職場の一つと言えるでしょう。他にも体力が必要となる求人は、殆どが男性向けの求人のようです。例えば、ビルの清掃作業は体力がなければ務まりません。床掃除ひとつにしても、ポリッシャーや掃除機を使って、ワックスをかけてと使う器具も様々です。これらはかなりの力仕事となるので男性で無ければかなり厳しいというのが実情です。

 

 

男性の求人と介護の仕事

求人数は少なくないのに仕事が見つからないという男性の場合、会社や仕事の内容を限定し過ぎているケースも多々あります。以前まで大企業に勤めていた方、そこそこの年齢に達している人は、前の仕事のことは忘れましょう。

 

賃金や会社の規模、肩書きなどにもこだわることで、たとえ求人はあっても、自分が希望する条件を満たすものが無くなかなか次の就職先が見つからないということも少なくないようです。とは言え、求職活動はまず働くことが大切なので男性の場合は、今までのこだわりやプライドなどを一度忘れることで、すんなりと新しい仕事が見つかることもよくあります。この頃は、男性を介護の担い手として採用している会社が少なくありません。

 

一見介護の仕事は、女性が中心と言うイメージがあります。介護者を送迎したり、身体介護を補助する役割として男性の求人が増えています。介護をされる側の意思として、男性ではなく女性にしてもらいたいという意見も存在します。

 

男性の利用者の場合は、体も大きい分、男性が介助することも時には必要となります。介護の仕事内容は洗濯、掃除、料理など女性的なものが多いイメージがあります。女性より男性に任せた方がうまくいく介護の仕事もあるため、男性を採用する会社も介護業界では多くなりつつあります。